居合道:胸尽し 2010.3.11

居想無外流居合「胸尽し」の形の主なポイントは「体捌き」と「壁抜き」にある通りです。
美しく纏めあげるには、とても難しい古武道の形です。
最初は、膝を緩め後方に重心を移し、右半身を開いてみましょう。感じがつかめたらその動きと合わせて胸を開くように手を広げます。右膝が開き終わる時と両手の動きが止まるタイミングが一致するようにしましょう。
「胸尽し」の抜刀は、この動きのイメージをトレースするように行いますが、実際はなかなか難しいですね。それが居合としての古武道の面白さでもありますが。
突きは剣先がぶれないよう、右の腰と一致して力強く行います。
古武道の稽古では、シンプルな動きを目指します。逆に言えば、勝手な動きはなんと無駄が多いのでしょう。無駄な動きを自覚しなければ居合の進歩はありません。

無外流居合1 スペース 古武道