居想無外流居合:胸尽し・壁抜き 2009.5.20

居想無外流の居合形「胸尽し」は、基本的には腹抜きの応用形です。
腹抜きは、膝と股関節の弛みと体が開く事で抜刀します。そのとき刀の棟は体からはなれません。これを右半身を引く事によって相手との間を切るのが胸尽しの形です。
刀が体から離れて抜いてゆけば遠回りをしてゆくことになりますので、いくら早く動いても相手にとっては遅い見える動きとなります。
右拳がどのようなラインを描いて抜いているのか壁を使って確認しています。
(壁を傷つけないでくださいね)

スペース