古武道と剣術の居想会・体捌き

体捌きは剣術稽古の基本です。
相手の剣を受けずに受け流すには、剣の流れに逆らわないことです。実際の稽古では流れに逆らわない動きを剣が行い、この剣の中に自分の体を入れて守るという古武道の基本です。
そうした動きが正しく行うためには剣を持たない稽古からおこない、合理的なお古武道の体捌きを身につける必要があります。