無外全書


昭和13年に中川申一によって編集されたこの「無外全書」は、無外流を研究する上で一級の資料である。 ここでは特に居合について着目してみたい。
「無外流居合の系譜」の項で無外流居合についてこう記されている。「無外流居合は、流祖辻無外によって発明せられたのであるが、現在行はるる無外流居合は、高橋家六代八助充亮の弟秀蔵、嘗て土佐に在りし頃、自鏡流居合を採り入れ、無外流居合として傅へたものと謂はれている。
高橋家六代八助充亮、其の弟秀蔵共に、自鏡流五代の祖山村司に、自鏡流居合を学んだ。これより姫路酒井藩においては剣術は無外流、居合は自鏡流が藩主酒井雅楽頭以下一般に、行はるるに至った。」とある。
高橋家は代々剣術指南役として姫路藩に仕えたおり、本書の中核を成す高橋赳太郎はその家系であり、さらに中川申一はその弟子である。従って高橋家においては自鏡流居合は高橋八助、秀蔵によって取り入れられた事として伝えられていたことは事実であろう。
では流祖辻月丹の時代において、居合の稽古されていなかったのかというと、辻無外傅にこんな記述もある。
『武州青梅村の杉田庄左衛門は月丹の弟子となって、習うこと久しかった。或る日居合を習わんことを願った。其の時居合一腰を教えて伝ふに「居合は鞘の中にて勝負をなすこと肝要なり、鞘を離るれば剣術なり。去る程に貳間或は参間斗りの間にて敵に言葉をかけ、敵の抜かぬ先に抜打ち撃つこと居合の本意なり。吾子は只この抜打一腰を朝暮怠らず稽古せられよ」と。杉田庄左衛門は元来仇討をなす為、月丹に就いて、剣術を習ったもので、月丹も居合を教える頃はこの事を知って居たようである。』
この記述が正しければ、月丹は剣術と共に居合も教えていたことになる。また、古文書として残る文化六年(1809年)の辻記摩多(辰五郎)資幸の起請文には「無外流居合兵法」の文字があることから、無外流は月丹の時代から居合も併伝してきたのだと考えることが自然であろう。
では、辻月丹の教えていた居合とは自鏡流であったのか否か。残念ながら確信の持てる資料は見当たらないが「辻月丹は自鏡流居合を多賀自鏡軒盛政に学び、弟子も自鏡軒の道場に通わせ自鏡流居合を学ばせた。」という説を信じたい。もともと剣術の流派であった無外流は居合が外物の自鏡流居合であったため、無外流と自鏡流の流名を並記し、別々の流派として扱ったという事情から、「無外流居合の系譜」で述べられている内容を高橋家が初めて自鏡流居合を採り入れたと思えるような誤解を生む文章となったのかもしれない。
ただし、「無外流居合は、流祖辻無外によって発明せられたのである」と「 辻月丹は自鏡流居合を多賀自鏡軒盛政に学び」という記述の矛盾点は残るので、今後の研究の課題としよう。
なお、中川申一は戦後、自鏡流居合を元とした「無外流居合兵道」を新流派として興した。一般に無外流としてあるのはこの「無外流居合兵道」である。これが新設された時代背景としては、終戦後の昭和20年代後半、全日本居合道連盟、全国剣道連盟などが全国的に居合を統合している時代でもあった。こうした統合は全国標準化という目的のため結果的には古流の居合が衰退してゆくという半面、様々な流派が交流するということでもあったので、新しい流派を興す上で中川申一にとっては絶好に機会であったろう。
例えば「無外流居合兵道」の走り懸りは警視流の「立居合」そのものである。警視庁の「三郎三傑」といわれた高橋赳太郎を師に持つ中川申一としては、自然な選択であったと思う。
また「無外流居合兵道」の形を紐解いてみると、本書の写真で紹介している形や動きよりも関口流や田宮流の影響を多分に受けていることから、「無外流居合兵道」の創設当時は自鏡流居合をベースとして、その時代に残された古流のエッセンスをふんだんに吸収した新流派といえるのではなかろうか。
大切な事は、「無外流居合兵道」がイコール無外流として曖昧に伝授するすることなく、歴史をしっかりと認識した上で、稽古をおこなうことであると思う。


文責:関戸光賀

無外流資料3 無外流資料2 無外流資料1
#02 #01 表紙
無外流資料5 無外流資料4 無外流資料33
#05 #04 #03
無外流資料8 無外流資料7 無外流資料6
#08 #07 #06
無外流資料11 無外流資料10 無外流資料09
#11 #10 #09
無外流資料14 無外流資料13 無外流資料12
#14 #13 #12
無外流資料17 無外流資料16 無外流資料15
#17 #16 #15
無外流資料20 無外流資料19 無外流資料18
#20 #19 #18
無外流資料23 無外流資料22 無外流資料21
#23 #22 #21
無外流資料26 無外流資料25 無外流資料24
#26 #25 #24
無外流資料29 無外流資料28 無外流資料27
#29 #28 #27
無外流資料32 無外流資料31 無外流資料30
#32 #31 #30
無外流資料35 無外流資料34 無外流資料33
#35 #34 #33
無外流資料39 無外流資料37 無外流資料36
#38 #37 #36
無外流資料41 無外流資料40 無外流資料39
#41 #40 #39

ページトップへ