東京都内で居合の仲間道と剣術の稽古を行う古武道・古武術の居想会です
古武道の居想会とは
平成28年度の古武道・居合の行事報告

 第十一居想会演武会 平成29年5月20日

居合・古武術・001
   
居合・古武術・004

失伝した無外流を研究するものとして稽古の要諦をなす形は、古の武人が命を捧げて培った合理的な兵法を備えていなければならない。ただし形は本質を知るための入口であって、大切な事は形が上手く出来たからといって剣法や居合を知ったことにならないといっているのである。ここに形稽古をするときの落とし穴があるように思う。

「十則の後一円を描き、到達すべき極みを表した」無外流真傅剣法訣の一文である。
円は無限であり終わりが無い。即ち到達することを目的とせず、日々小さくとも自分に大切な何かを発見し前に進んでゆくことが肝要なのだと思う。稽古に悟りはなく、私たちはただただ謙虚なこころを持って稽古を積み重ねていくのみである。それで少しは流祖 辻月丹のいう本質を知ることに繋がっていくのではなかろうか。

演武会冊子より一部抜粋
関戸光賀

 居合の演武

居合・古武道002
 

 剣術の演武

剣術・古武道003
 

 演武会総集編の動画

 

 居合

居合・古武道003
居合・古武道004 居合・古武道004
居合・古武道004 居合・古武道005
居合・古武道006 居合・古武道007
 

 剣術

居合道と剣術
居合道と剣術001
居合道と剣術003 居合道と剣術004
居合道と剣術005
 

 合わせ居合

居合道007
   

 スナップショット

古武道001 古武道002
女性だけの撫子会 60才以上の竜虎会
古武道003 古武道003
沢山の参加でした懇親会 和楽奏者の皆様
 

 新春稽古会 平成29年1月8日

今年の新春稽古会も沢山の方で懇親会とともに大いに盛り上がりました。

午前の部では昇級昇段審査がありました。居想会の審査は二ヶ月前から審査対象者の補習を行い審査のための審査ではなく、技倆の向上に役立つよう向かい合っています。

さて新春稽古会では、初心者から有段者まで多彩な技倆の方々が一堂に会して行われます。折角ですから師範・師範代や指導員を前列に置きまして形の見本を行った上で稽古を進めました。普段の稽古では形の理論を優先して語られる傾向にありますので、この日は上級者の技を盗むということを主眼にいたしました。

居合の新春稽古会・集合

居合の新春稽古会・集合
居合_1 居合_2
居合の新春稽古会
 

刀剣鑑賞の仕方 & お宝拝見

稽古後は「お宝拝見」と題して門人有志が所持する刀剣を鑑賞するイベントを行いました。またイベントに際して刀の取り扱いなど、刀を鑑賞する上での基本的な仕来りを学びました。
皆さん居合という稽古を選んだ方々ですので、それなりに刀剣への思いは格別のようで、稽古とはひと味違った真剣さがそこにありました。

   




居合・トップページ
居合・居想会とは
居合・気剣体一致の妙
居合・行事・稽古会
居合・稽古場所
居合・稽古スケジュール
居合と剣術の形
居合・無外流の研究
居合の効果
居合・指導者の一言
居合・稽古日記
居合・engkish
居合・会員ページ

居合・入会案内
居合・体験稽古