東京都内で無外流剣術と居合道の稽古を行う居想会です

剣術と居合の形

剣術と居合道の形・古(いにしえ)の武人が残した日本の文化
居合道の形

江戸時代の無外流は、もともと剣術流派でした。そこに多賀自鏡軒盛政の自鏡流居合を併伝して稽古に取り入れ、これが無外流居合の始まりと言われています。ただし当時の居合形や剣術形は今日に至るまでにかなりの部分が失われましたので、正確な形がどのようなものであったのかを推察することは、大変困難です。
だからこそ、いま私たちは古武道としての無外流剣術を研究し、現代人が失った日本人独特の古武術の体の使い方を取り戻すことに努力を惜しみません。古の人の思いを形として再現することをは、日本文化の継承へと繋がる大切なことであると考えます。


居想無外流居合の形 20本  

五用

向抜 左月 本腰  

五応

胸尽し 円要 両車 野送り 玉光  

五箇

水月 陰中陽 陽中陰 響返し 破図味  

走り懸り

前腰 夢想返し 神妙剣 右の敵 四方  

無外流真傅剣法訣(剣術形)  
 
 

剣法(剣術)  
 
 

居想無外流小太刀(剣術形)  
 

ここで紹介する居合の「形」は居想会の発行する教本「無外流居合」(B&W 32ページ 非売品)のダイジェスト版としてまとめたものです。
COPYRIGHTS 2005 ISOUKAI ALL RIGHTS RESERVED.

 

無外流居合之形

五用

居合形:真(しん)
居合道 真1 居合道 真2 居合道 真3

右足を出して敵を逆袈裟に斬り上げる。
右足を引くと同時に振りかぶり左足を出して袈裟に斬る。
二刀目は逆体となる動きの中で、体を捻らず敵の正中線を捉える事が重要な居合の形である。

居合形:向抜(むかえぬき)
居合道 連1 居合道・五用・向抜2 居合道・五用・向抜3

敵は前後の二人。まず正面の敵に対して刀を正中線上に抜き上げ、右足を出して真向に斬る。続いて後方の敵に対して左足親指の付け根を軸にして向き直り、正中線を外して真向より斬る。
後方への体捌きと、手の内が大切となる居合形。

居合形:左月(さげつ)
居合道 連1 居合道・五用・左月2 居合道・五用・左月3

左に転身しつつ腹抜きから剣先を相手につけ、相引きしたところで刀を中央に引く。左足を引き振りかぶり右足を出して真向斬り。
左への転身と同時に刀が抜けるよう稽古を行う。
弐段以上は、裏の居合形を稽古する。

居合形:右(ゆう)
居合道 連1 居合道・五用・向抜2 居合道・五用・向抜3

柄に手をかけると同時に右の敵を向き、腰を上げてゆく。右足親指の付け根と左膝を軸にして時計回りに身体を転身させ、逆袈裟に斬る。
続いて右足を引き切先下がりで振りかぶり、左足を踏み出し真向より斬る居合形。

居合形:本腰(ほんごし)
居合の形・本腰1 居合の形・本腰2

正面の敵に対して逆袈裟に斬り、返す刀で袈裟に斬る。
無外流居合の元となる古武道の自鏡流居合を再現した形である。

ページトップへ

五応

居合形:胸尽し(むなずくし)
iai 居合 居合道の形・胸尽し1 居合道の形・胸尽し2

敵の真向斬りを右足を引いて捌き、同時に刀を抜き出してゆく。切先を鞘にわずかに残した状態から敵の水月を突く。
刀を捻りながら抜き、そのまま振りかぶり、右足を出して真向より斬り下げる。
シンプルな体捌きが早い動きを生む居合形。

居合形:円要(えんよう)
iai 居合 居合の形・円要1 居合の形・円要2

左足を45°右前に出し後方より斬りかかる敵の真向斬りを捌く。
重心を敵側に移動させつつ、時計回りに転身して右足を踏み込んで敵を逆袈裟に斬り上げる。
弛みの大切が分かる居合の形である。

居合形:両車(りょうぐるま)
iai 居合 居合の形・両車1 居合の形・両車2

敵は左右各40°の角度に二人。まず左の敵に対して牽制し、右足を右の敵方向に踏み込みを袈裟に斬る。間を置かず右足を左の敵に向け踏み込み左の敵を袈裟に斬る。
さらに右の敵を真向より斬る。
常に体幹(軸)を使って斬る居合の形。

居合形:野送り(のおくり)
iai 居合 iaido・居合 iaido・居合

右足を一足分右前方に出し身体を正中線より外し、同時に刀を抜き出し敵の刀を鎬で受け流すよう構える。
敵の刀を受け流したら、左足を後方に引き敵の頸を袈裟に斬る。
居合では体の捌きは無駄無く最小限に行い、刀は振り回さず最短のコースを考える。

居合形:玉光(ぎょっこう)
iai 居合 iai 居合 iai 居合

敵の刀を左足、右足と引いて捌く。同時に刀を抜き上げ真向より右足を踏み込み斬る。
この時の右足の位置は最初の場所より一足分後方となる。
敵の剣をどれだけ引き寄せ、一瞬で捌くことが求められる居合の形である。

ページトップへ

五箇

居合形:水月(すいげつ)
iai 居合 iaido 居合道・水月1 iaido 居合道・水月2

右足を踏み出し横一文字に敵を斬る。
続いて切先の高さを変えない様にして刀を正中線上に引き寄せ、左足を踏み出し敵の水月を突く。
切っ先がぶれず、力強く相手の水月真っすぐに貫く気概にて突く。

居合形:陰中陽(いんちゅうよう)
iai 居合 iaido 居合道1 iaido 居合道2

真向斬りに対して正中線を外しながら、身体を捌き、敵の刀を鎬で受け流す。
敵の刀を捌いたら重心を左に移動させながら、敵の脾腹を袈裟に斬る。

居合形:陽中陰(ようちゅういん)
iai 居合 iaido 居合道3 iaido 居合道4

刀を抜き出しながら右足を左足膝の位置に引き寄せ腰を上げる。左足を後方に引き身体を捌くと同時に刀を抜き出し、敵の膝下を斬る。
後方に下がる敵を左足を出して真向より斬る。

居合形:響返し(ひびきがえし)
iai 居合 iai 居合 iai 居合

左足を出し腹抜きから敵の小手を制する。敵が下がると同時に刀を引き寄せ、突きの構えをとる。
敵が前に出ると同時に敵を突く。素早く左手にある鍔を跳ね上げ左足を引いて振りかぶり、右足を踏み出し真向より斬り下げる。

居合形:破図味(はずみ)
iai 居合 iai 居合 iai 居合

座技の体制より飛び上がりつつ袈裟に刀を抜き上げ、敵の目に付ける。空中で刀を引き寄せ突きの体制をとる。
敵を突き、さらに後方に下がって今一度突く。左足を引き寄せ振りかぶり、右足を出して真向より斬る。

走り懸かり

居合形:前腰(まえごし)
iai 居合 iai 居合 iaido 居合道・水月2

右足に重心を置き左足を一足分前に出し右手は袴を掴む。左手は鯉口を切り、人差し指で鍔を押さえる(走り懸かりは全てに共通)。
左足より進み、右足を踏み込み逆袈裟に斬り上げる。続いて左足を出したところで振りかぶり、右足を出して斬る。

居合形:夢想返し(むそうがえし)
iai_kata 居合 iaido 居合道1 iai 居合

前後二人の敵に対してまず、前の敵を右足を踏み込み斬る。すかさず後方を振り返り右足を踏み込み真向より斬る。
右足を引き上段に振りかぶり、続いて、左足を引いて敵の喉に敵付け。さらに倒れる敵に合わせて切先を下げる。

居合形:神妙剣(しんみょうけん)
iai_kata 居合 iai_kata 居合 iai_kata 居合

腹抜きにて抜刀し、右足を左足外に送る。左足を出すと同時に左のてきの首を突く。
右肘を緩めて剣を立て、真向により斬る。

居合形:右の敵(みぎのてき)
iai_kata 居合 iai_kata 居合 居合iai_kata

左足より進み三歩目で右の敵を見る。身体を時計回りに転身して右足を踏み込み逆袈裟に斬り上げる。
敵を切先で追い込みつつ左足を出して振りかぶり、右足を踏み込み真向より斬る。

居合形:四方(しほう)
iai_kata 居合 四方 iai_kata 居合 iai_kata 居合

四人の敵に対してまず、正面の敵を右足を踏み込み袈裟に斬る。続いて後方の敵に向き袈裟に斬る。
右90°にいる敵に対して右足を踏み込み脇の下を斬る。

ページトップへ

無外流真傅剣法訣

獅王剣(しおうけん)
剣術・獅王剣2 剣術・獅王剣

無外流剣術形:獅王剣
地に踞する威 窟を出る態 返擲の機
大極より出れば其の象見え難し
気象より発すれば彼の痕窺い易し

翻車刀(ほんしゃとう)
剣術・翻車刀1 剣術・翻車刀

無外流剣術形:翻車刀
互換争い有るに似たり 鼓舞還りて動かず

玄夜刀(げんやとう)
剣術・玄夜刀1 剣術・玄夜刀

無外流剣術形:玄夜刀
暗裏に文彩を施し 明中に跡を見ず
隠より見えず 微より顕れはせず
陰陽測らず 之を神と謂う

神明剣(しんめいけん)
剣術・神明剣1 剣術・神明剣

無外流剣術形:神明剣
人は端末も未だ見えず
天地神明応物運照を知るを能わず
変動に常は無く 敵に因りて転化す
事の先を為さず動きてすなわち随う

虎闌入(こらんにゅう)
iai_kata 居合 四方 iai_kata 剣術

無外流剣術形:虎闌入
形裏に目を注ぐは象外に神を注ぐにおよばず
面拳頭に在り 之を形裏と謂う
敵無く我も無し 之を象外と謂う
無我の威 虎賁に当たらず

水月感應(すいげつかんおう)
剣術・水月感応1 剣術・水月感応

無外流剣術形:水月感應
氷壷に影像なく 猿猴 水月をとらう

玉簾不断(ぎょくれんふだん)
剣術・玉連不断1 剣術・玉連不断

無外流剣術形:玉簾不断
牛頭は没し 馬頭は還る 前波後波相続して絶えず
忽ち没し 忽ち還る 心々不二
この中に三機あり
窮 變 通

ページトップへ

鳥王剣(ちょうおうけん)
剣術・鳥王剣1 剣術・鳥王剣

無外流剣術形:鳥王剣
正令まさに行われ 十方坐断せらる
金翅鳥王まさに宇宙に当たる
筒中に誰かこれ出頭する人

無相剣(むそうけん)
剣術・無相剣1 剣術・無相剣

無外流剣術形:無相剣
陰先んずる之を暗頭と謂い 陽先んずるを之を明頭という
明頭は見やすく 暗ければ察し難い

萬法帰一刀(まんぽうきいっとう)
剣術・萬法帰一刀1 剣術・萬法帰一刀

無外流剣術形:萬法帰一刀
問うて云わく 萬法一に帰す 一何れの処にか帰す
我答えて云わく 青洲に在って一領の布衫を作る
重きこと七斤

ページトップへ


無外流剣法(剣術)

刃引之形(はびきのかた)
剣術・刃引之形1 剣術・刃引之形

剣の世界は、端的に表現すれば中心の取り合いです。中心を外せばそこに隙が生まれ、容易に相手に攻め込まれます。一本目と四本目にみられる受けからの攻防では、中心に向かって剣を立てる事によって相手を制します。

居合道の動画・刃引之形


<解説>

居合道の動画・刃引之形解説

一隻眼刀(いちせきげんとう)
剣術・刃引之形1 一隻眼刀・武道

一隻眼とは碧巌録でいうところの「頂門に一隻眼を具す」とあるように頭にもう一つの眼を持つということです。左右一対の眼の他に智慧を持って一切の物事を見る一隻眼とは心眼ともいわれ、ここでは眼で追う現象ではなく心の眼で相手の動きを見るということの教えです。
体は緊張することなく常に行雲流水の如く、あるがままに動くことが大切です。

剣術の動画・刃引之形

小太刀・五本
剣術・刃引之形1 剣術・小太刀

小太刀は、より明確な動きが要求されますので大変よい稽古となります。
体は緊張することなく常に行雲流水の如く、あるがままに動くことが大切です。

剣術の動画・刃引之形


ページトップへ

スペースCOPYRIGHTS 2005 ISOUKAI ALL RIGHTS RESERVED.






 


居合・トップページ
居合・居想会とは
居合・気剣体一致の妙
居合・行事・稽古会
居合・稽古場所
居合・稽古スケジュール
居合と剣術の形
居合・無外流の研究
居合の効果
居合・指導者の一言
居合・稽古日記
居合・engkish
居合・会員ページ

居合・入会案内
居合・体験稽古