気剣体一致の妙

 

古武道・居合と剣術 寸止め 2013.11.10

 
 

 
 

剣術では、起りや溜のない一拍子の動きと、剣体一致の動きの稽古に重点をおいています。
剣と体が一致することにより剣を自在にコントロールすることができます。そのためにまず学ぶことは半身の切り返しです。膝を抜くことにより一瞬の無重力状態の中で半身の切り返しを行う基本を身につけます。この動きは筋肉を使うより、起こりが悟れず素早く切り返すことができます。この動きと一致して剣を扱えば剣は腕ではなく体の骨格に準じた動きとなるので、体の動き始めから止まるまでが剣の動きとなります。
腕だけで振ると剣の慣性力が高まり軽い木刀でさえ止めることが困難となりますので、真剣ならばなおさらのことでしょう。 腕だけで刀を扱わず体全体で扱うことを学んでください。

 
 

関戸光賀

 
  「気剣体一致の妙」の表紙に戻る  



居合・トップページ
居合・居想会とは
居合・気剣体一致の妙
居合・行事・稽古会
居合・稽古場所
居合・稽古スケジュール
居合と剣術の形
居合・無外流の研究
居合の効果
居合・指導者の一言
居合・稽古日記
居合・engkish


居合・入会案内
居合・体験稽古