気剣体一致の妙

 

古武道・居合:水月 2011.10.7

 
 

 
 

水月の居合形において、学ぶポイントは二つ。

一つは、横一文字に抜き去った刀を正中線に戻す際の体の使い方である。
斬った後は、幾分かの力が残っているであろうが、剣先の静止とともにその右半身の脱力を瞬時に行い、突きの体制に素早く備えることである。
この過程で脱力が適正にされていれば、突きへの動作に余分な筋肉の緊張は生まれず、鋭い突きとなるだろう。
力を使って動けと言うならまだしも、脱力を運動エネルギーに変えろというのは分かりづらいことかもしれない。だが居想会の人なら基本稽古の前に行う、身体動作の応用であることは容易に理解するであろう。

二つ目は、突きの過程で溜を作らず切っ先が直線的な軌道を描くよう、伸び伸びと体で突いているかである。
腕に頼って突けば、たいした効果は生まれない。体全体が一つとなって剣先に集約することで、鋭く効果的な突きが生まれるのである。

筋力に頼った動きではなく、体全体を使い剣を操ることが古武道の稽古では大切です。



 
   
     
  「気剣体一致の妙」の表紙に戻る  



居合・トップページ
居合・居想会とは
居合・気剣体一致の妙
居合・行事・稽古会
居合・稽古場所
居合・稽古スケジュール
居合と剣術の形
居合・無外流の研究
居合の効果
居合・指導者の一言
居合・稽古日記
居合・engkish


居合・入会案内
居合・体験稽古