居想無外流居合・前腰 2009.12.9

居想無外流の居合形「前腰」は基本稽古にある逆袈裟、逆袈裟からの振りかぶり、そして真っ向斬りと、動き自体はシンプルですので、走り懸りの形としては初心者でも入りやすいものだと思います。
しかし、真っ直ぐに敵との間を詰め、左右天地にぶれることなく刀を操作する事は熟練が必要です。
特に構えの体勢から二歩目の左半身が出ると同時に柄に手をかけ、手の動きではなく半身の切り返しと同調して刀を抜き出してゆく動作は、大変難しいです。
ゆっくりとした動作から正しい動きを体に染み込ませる以外、古武道の稽古では早い動きを得ることはできません。

スペース