居合道に必要な身体運用 2014.4.21

居合という形稽古から学ぶ古武術は、無限の可能性を秘めています。
本来、稽古の中で自らがそれを見いだし発見することが、最も有意義なことですが、皆さんは小さいときより西洋的な体の使い方が中心で、思うように古武術の動きができません。しかしながらスポーツ的で動きやすい動作のままでいると、古武術の世界を理解することは難しいでしょう。
今まで使っていなかった体の各所を蘇らせ、合理的で無駄のない古武術的身体運用のヒントをお伝えすることで新たな発見のきっかけとなります。こうした小さな積み重ねで古武術としての居合の魅力が少しでも理解できると思います。