棒術 2015.3.17

演武会で行う棒術の演武種目を作成いたしました。
居合を主に稽古する居想会では、剣術と棒術も稽古の一貫として伝授しています。
基本的な動きは同じですので、棒術を学ぶ事で武術的な体作りのための方法論がより理解し易くなります。
体を捻った動きや回った動きなどをすると、棒は長いため先端の踊りが刀より増幅されますので、自分の動きの間違を修正するのが容易です。

今年の演武会ではこの棒術演武に加え自由演武を行いますが、来年に向け組太刀の形も研究してゆきたいと思います。長ものと剣との間合い、それぞれの得物の長所と短所が分かって面白い試みとなるでしょう。