東京都内で居合道と剣術の稽古を行う古武道・古武術の居想会です

                居合人の声


居合指導部
居合指導部員 平成29年5月
 指導部心得
1. 特定の者に偏った指導をせず、等しく平等の事。
2. 年齢、性別、修行目的などの違いに気を配る事。
3. 技の説明は長からず、要点を明確にすべき事。
4. 指導者同士互いに相和し、 信義誠実の原則に努める事。
5. 会員の精進の妨げとなる言動を慎む事。
6. 慢心は敵と心得「更に参ぜよ三十年」を念頭に、 朝夕鍛錬の事。
 
 ● 三浦無斎 指導員

居合指導者・三浦指導員

「日本とは」、「日本人とは」—海外駐在生活で、海外の人と接するたびに繰り返されてきた疑問。
積み上がった本から、武士道にヒントありかと。経験なくしては掴めずと、たどり着いたのが居合道の居想会。

とにかく初めは戸惑うことばかり。 半身を切る? 緩みで動く? 中心を取り合う?
動いてみても、増えるのは「?」ばかり。 そもそも、これは古武道。普段の動きと違って当然。
それでも稽古を続けていくと、「なんとなくこんな感じ」と思える時が。しかし、その時に現れるのは次の課題。
ブレ幅ゼロを目指すものの、遠い道のり。 そして、仮想敵。 斬ろうと思えば体は乱れ、動きに囚われれば、斬れない、手ごわい。 己が成長すれば、仮想敵も成長する、相対しているのは常に己か。
一方、実際に相手がいる剣法。形稽古だとしても相手の動きは常に違う。「間合い」が支配する。距離、早さ、力、角度、それへの対応。そもそも間合いというのが出てくるだけで、体がついていかない。何度も何度も、繰り返し、繰り返し。

孤独でストイック? 是非、見て確かめてください。 稽古中は真顔、たまに半べそ、たくさんの笑顔と暖かい空気。素晴らしい先生方と仲間がいてこそ。動機は様々でも、そんな全てを包み込んでしまう大きさがあります。武士道の片鱗を掴めるのか、信じて向かいます。あなたも何か動かされるものが見つかる場になるかもしれません、居想会は。

 
 




居合・トップページ
居合・居想会とは
居合・気剣体一致の妙
居合・行事・稽古会
居合・稽古場所
居合・稽古スケジュール
居合と剣術の形
居合・無外流の研究
居合の効果
居合・指導者の一言
居合・稽古日記
居合・engkish
居合・会員ページ

居合・入会案内
居合・体験稽古