東京都内で居合道と剣術の稽古を行う古武道・古武術の居想会です
古武道の居想会とは
平成22年度の古武道・居合の行事報告

 稽古納め  平成22年12月26日

 

いよいよ本年の稽古納めとなりました。
当日は市川、練馬、品川、赤羽、秋葉原と稽古があり、写真は秋葉原の居合の稽古風景です。
日々学業や仕事が忙しい中、本当によく居合、剣術と稽古をされてきました。心身ともに健康だから こそ稽古に励むことができたのだと思います。
今年は恒例の演武会などの行事の他、明治神宮本殿前での居合と剣術の演武という栄誉に授かり 「明治天皇昭憲皇太后両御祭神には定めし御嘉納あらせられた御事と感銘に堪えません」とのお言葉 をいただき、なんという居想会への誉れをいただいたことでしょう。
また、「無外流の研究」の項で、失われていた無外流真伝剣法訣の解釈を編纂できた事は大きな成果 でした。誰も手を付けていない未知の領域でしたが、この作業を通じてさらに無外流流祖・辻月丹の 思いに近づいたという気持ちを強くもちました。この成果は居合の稽古にも生かしてゆきたいと思い ます。
来年も会員の皆様の心身の健康のため役立てるよう、がんばってゆきます。

そして今日皆さんの稽古を見ていて思った事を一言。
「無駄な動きを排除すれば、敵を制する速さの居合となり、所作においては美しい形となる。」

 
居合道1 居合道 居合道
居合道 居合道 居合道

 クリスマス & 忘年会  平成22年12月11日

 

恒例のクリスマス会です。
毎年騒ぎすぎる傾向でしたので、今年は談笑時間を増やし大人のクリスマス会風に。
居合はストイックに自分と向き合う世界だからこそ、人との繋がりを大切にしたいですね。
初めて合わせた顔でも そこは居合という世界に引かれた者同士、時代劇や日本刀の話など ですぐに意気投合してゆきます。
仲間は互いに励まし合ったりライバルであったりと、自分の成長に欠かせない存在となります。 仲良く一段いちだん修練を積んでゆきましょう。

 
居合道 居合道 v
居合道 居合道 居合道
居合道 居合道 居合道
居合道 居合道 居合道
居合道 居合道 居合道

 富士山麓合宿  平成22年10月2日・3日

 

今年の合宿で伝えたかったことは、基本の大切さです。
軸を真っすぐにした立ち姿、理に添った上段や八相の正しい構えなどができていなければ、 刀を抜くことや振る事もままなりません。そして、刀を手ではなく体の芯で扱う感覚がで きてくると、おのずと課題が見えてきて稽古の目標が定まります。出来たと思ったらそこ で終わり。前に進む為には正しいイメージを持ち、その姿に近づける修練を稽古の中で行うことです。
10時から始まった稽古は6時まで続きましたが、あっという間に時間が過ぎていったという方が 多かったので、 皆さん沢山の課題を持ち帰ってくれた事と思います。ここで学んだことを、 明日からの稽古に生かすよう大切に整理していただければ嬉しく思います。

 
居合道 居合道
居合道 居合道
居合道 居合道
昼休みの合間、竜虎会、若桜会などにわかれての記念撮影。お腹が一杯のせいか充実の笑顔。

居合道 居合道 居合道
7時より始まった宴会も二次会、三次会続きエンドレスとなりがちですが、翌朝の早朝稽古に備えて12時に散会。こうしたひと時が会員同士の絆を高め、稽古への糧の一つとなるのだと思う一夜でした。

居合道 居合道 居合道
宿を後にしてからは陶芸、バーベキュー、忍野八海探索と、遊びにも手を抜かないのが居想会流です。

居合道

 明治神宮奉納演武  平成22年7月11日

 

明治神宮の本殿前にて奉納演武を無事執り行うことができ、明治神宮、烏森神社の方々には厚く御礼申し上げます。
今回の奉納演武は、明治神宮鎮座90周年をお祝いし、烏森神社崇敬団体である居想会が正式参拝の後、居合の会としては初めて本殿前にて奉納演武をさせていただきました。
ご存知の通り明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をお祀りしているお宮です。本殿前で演武をおこなうということは、両陛下が御天覧なさるに等しい大変名誉なことであります。
老若男女の違いなく武道が心身を健やかに養い、その証として元気な居合と剣術の奉納演武を見て頂くことが、明治大帝にお喜びいただけることと思い、日々稽古に努めてまいりました。

 
居合道 居合道
居合道
居合道 居合道 居合道
居合道 居合道 居合道
居合道 居合道
居合道 居合道
居合道 居合道
居合道 居合道 居合道
居合道 居合道 古武道
居合道 居合道
居合道 居合道 居合道

 第四回居想会演武会  平成22年6月6日

 

今回の演武会も和楽の方々をお迎えし、居合と和楽のコラボレーションでの演武会となりました。
この一月は、演武会稽古に特化してシュミレーションをおこないましたので、持てる技を的確に表現することができるようになったと感じます。
演武会そのものも大切ですが、一つの目標に向け居合や剣法の稽古してゆく時間というものも、大きく成長するきっかけになるのだと、日々の稽古を見ていて実感するすることができました。
私自身も指導することで、皆さんから多くのことを学ぶことができました。また、来年に向けてスタートを切りましょう。

 
居合道 居合道 居合道
居合道 居合道 居合道
居合道 居合道 居合道
居合道
居合道 居合道 居合道
居合道 居合道 居合道
居合道 居合道 居合道
剣術1 剣術2
居合道
居合道 居合道 居合道
居合道
居合道

 烏森神社奉納演武  平成22年5月5日

 

新橋烏森の守り神、烏森神社の例大祭にて演武をおこないました。
夏祭りのはしりでもあるこのお祭は、毎回非常に多くの 担ぎ手・観客で賑わうお祭です。
居想会の演武は合わせ居合でおこないました。リーダとなる者の動きに合わせてゆくことと声を出してゆくので、普段の居合稽古と違って場や間を読むことが必要とされます。演武会当日やそれに向けての稽古では、とてもよい経験を積めたのではないでしょうか。

御神輿は皆さん楽しそうに担いでいましたね。こちらまでもワッショイ、ワッショイとこころが踊ってしまいました。

 
居合 居合 居合
居合 居合
居合 居合 居合
古武術3 古武術4 古武術5

 居合道の講習会  平成22年4月11日

 

今回の講習会では60人の参加者があり、次のようなテーマで稽古をおこないました。居合、剣術の他理解を深める為に柔術の稽古を併せておきないました。

左で抜く
居合初心者ほど右手で刀を抜こうとします。抜き付けは左を強く意識して、やっと左右が均等になります。

軸を崩さない
軸は中心の軸一つで動きます。そして、その軸は天と地を指した一本の線です。それが出来て応用が生まれます

体で刀を扱う
刀は腕で振るものではなく、体を使って扱うものです。足の指先から剣先まで一致して動き、止まります。

 
古武術3 古武術4 古武術5

 3月の各種親睦会  平成22年3月15日

古武術4
  撫子会
撫子会は女性だけで構成された親睦会です。
女性剣士だけの楽しい会話で盛り上がったご様子です。
 
     
古武術3 古武術4 古武道
  竜虎会
竜虎会(60歳以上の会員)主催の真剣持込鑑賞会&懇親会をおこないました。
皆さんご自慢のお宝を持ち寄り、こうでもないああでもないと語らう親睦会でありました。
刀好きで居合を始められた方も多くいらっしゃり、「いつかは真剣を腰に差して居合がしたいね」と夢はふくらむばかりの一夜でした。
(居想会は事故防止の観点から、一定の技倆を満たした方以外居合の稽古で、真剣を使うことはできません)
 

 居合の新春稽古会  平成22年1月31日

 

今年の新春稽古会は約80名の参加者がありました。
初心者も多いことから基本稽古は細かく指導することを心がけました、形の稽古では技量別に分かれておこない、指導する者の熱い気持ちが教わる者に伝わるかの如く、大変な熱気が稽古場に満ちていたように思われます。
後半は柔術と体捌きなど古武術の稽古を行いましたが、普段居合の稽古しか参加されていない方には新鮮だったのではないでしょうか。
柔術は、互いに手に触れることにより伝わる情報について学びました。握る手からは動作の起こりや力の方向が伝わってきます。これを如何に消して相手の体に作用させてゆくかがテーマです。笑い声も多く聞こえてきましたので、リラックスした気持ちで古武術テーマに向き合えたかと思います。

 
古武術1 古武術2
古武術3 古武術4 古武術5

 剣術稽古  平成22年1月24日

 

剣術稽古を始めるようになって早四年目となりました。自由参加にて週二回ペースでおこなっていますが、毎回参加者は増えてゆく傾向にあります。
居合では分かりづらい敵対動作や、本当の自分の動きを知る為に古武術をベースとした稽古が理解し始めたのでしょう。
そして、相手の木刀を奇麗に捌けたときに達成感や、思うように動かなかった体が自然と反応し始めたときの嬉しさなど、様々にある剣術の魅力を感じ始めてきてくれたのかなと思うと、嬉しい気持ちになります。

 
古武道1 古武道2




居合・トップページ
居合・居想会とは
居合・気剣体一致の妙
居合・行事・稽古会
居合・稽古場所
居合・稽古スケジュール
居合と剣術の形
居合・無外流の研究
居合の効果
居合・指導者の一言
居合・稽古日記
居合・engkish


居合・入会案内
居合・体験稽古